ぴったりジャストフィットする秋の夜長のブックカバー

一枚革ブックカバー

 

今年も終盤になり1年の疲れが先週から

ドカーッと出ているKING OF LEATHERの宇高です。

 

腕のしびれがずーっととれず、リウマチを疑われるほどの

状態でしたが、自分で痛みを感じた肋骨を整体したら

腕のしびれがとれました。

ご心配いただいた方、ありがとうございます。。

 

実は整体師に憧れた時期がありまして、

たまに自力整体というものをやっています。

たまに治りますが、たまに何かが逆におかしくなります(爆)

 

よーし復活!と思っていた矢先

今度は娘が風邪+ぜんそく・・・

看病で寝不足な私もわかりやすい展開。

 

そう!風邪の仲間入りです!

 

毎年この時期、そう自分の誕生日が近くなると体が壊れていきます。

なぜだろう?うちの妻もまったく同じ。

みなさんもそうでしょ??きっと?(ごりおし)

誕生日から数えて免疫力が365日周期になっているんですかね。

途中無理をすると350日くらいで力尽きる、そんな感じ。そうでしょ?(ごりおし)

 

もう体調不良には秋秋です。

秋はやっぱり静かに読書に限ります。そうでしょ?(ごりおし)

常にかばんに本が入ってないと

胸騒ぎを感じてしまう人へ・・・いるでしょ?

KING OF LEATHERのおすすめ定番ブックカバーがあります。

 

一枚革文庫本単行本カバー

 

このブックカバーの特徴は1枚のつながった革でつくられています。

1枚の革ならではのデザイン性と機能性を備えています。

 

ジャストサイズ文庫本カバー

 

このブックカバーの商品名は「Just」といいます。

要は本が「ジャストフィット」するから「Just」なんです。

 

通常の文庫本カバーは表紙と背表紙を入れ込む部分が

縫っていると思います。

この分、カバーが大きくなってしまうことはもちろん

糸切れなどによる故障の原因となります。

 

そこで私は寝る間も惜しんで考えました。

なんとこの部分を縫わず折り返すことで

フィット感と耐久性を併せ持った仕組みです。

 

折り返した部分の革の手触りも良く、

長時間読んだときなどその差は歴然!

ただのケースではなく

「本を読む」ということをよく考えて製作された

ブックカバーなんです。

 

コンパクト文庫本カバー

 

本の厚みにも調整できるようになっています。

またこの調整するフラップは3つの役目を果たします。

 

  • 厚み調整
  • しおりとしての使用
  • カバー自体の開閉を留めるフラップ

 

一枚革ブックカバー

 

こんな感じに持ち運びの際はしっかり本を守れます。

 

こちらの「Just」 Bookjacketは一応下記のサイズで販売しております。

 (文庫本サイズ) W105×H148mm

 (漫画本新書サイズ)W113×H176mm

 

ただ、発行される本のレーベルによっては

多少大きいものもあるので、

ご希望でしたらそのサイズをお伝えいただければ

「Just」におつくりします♪

 

またこれより大きなものもおつくりできますので、

ご相談くださいませ。

 

それではハッピーニューオータムジャンボ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください