エイ革ブックカバー(文庫本サイズ)制作!

 

読書の秋ということで、本読んでますか~!!?

以前わたしもサラリーマンだった頃、 電車で良く本を読みました。

ただ、電車で読む際、カバーは裏にするか、

本屋で包んでくれるカバーをつけたままにして、

読んでいる本のタイトルがわからないようにしてました・・・

 

例えば、「人の目を気にするな!」なんてタイトルの本だったら、

周りから見て、「この人気にしてるんだ~」って思われるのも嫌だし、

だからといってカバーを裏になんかしたら、

そんな人の目を気にしている自分が嫌になってしまうし(笑)

 

だからブックカバーは必要なんですね。

いつでもお気に入りの本にはブックカバーをつけて持ち歩くのであれば、

なーんにも気にならなくなります!

そして本を読むことがさらに好きになることでしょう。

 

そんな本をこよなく愛する人から かなり贅沢なブックカバーの依頼が入りました!

 

エイ革ブックケース エイ革文庫本ケース

 

エイ革のブックカバー(文庫本サイズ)です。

エイ革を全面に使用したこだわりの一品。

100年の耐久性があるエイ革ですから、孫の代までいけそうです(笑)

エイ革のコバ処理にはかなり泣かされましたが、 なかなか良い仕上がりになったと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください