ダイヤモンドパイソン(ヘビ革)のうろこって剥がれないのかな?実験

ダイヤモンドパイソン財布

 

ヘビ年のKING OF LEATHER宇高です。

 

鬼は外、福は内、やりましたか?

うちはささやかにやりましたよ。

投げた豆を歳の数+1個食べるという儀式。

いつからだろう。

だいぶお腹いっぱいになりはじめたのは・・・。

うちの娘は親にむかって「ずるい!」といいながら、

気づいたら、ひとりで投げてない袋に入ってたやつ全部平らげてました。

 

そんなこんなできっと福、くるはず。

いや、そのまえに服、欲しい・・・。

やっとこの前、靴下買いましたが。。。

 

福といえばヘビですね。(強引)

当ブランドの斬新サメウォレットを製作しました。

ぽっちり手触りオイルたっぷりのサドルレザーに

オリーブグリーンとのツートンです。

一見、シックですが実はこのお財布・・・

 

個性的財布

ダイヤモンドパイソン財布

 

フラップの裏側にダイヤモンドパイソン(ヘビ革)が隠されています。

表に出さないところがにくいですね~!

こりゃ金がたまって仕方ないお財布だと思います。

 

サメのお腹の中(内装)は骨のようなカード入れ。

レジ側からお札が見えないように、フラップが壁になってくれます。

お金が丸見えなのは嫌ですよね。

こういう気配りは大体の作品に取り入れています。

 

ダイヤモンドパイソンに限らずヘビ革って耐久性はどうなの?

って思う人がいると思います。

 

使っていくと、うろこが剥がれてしまうんじゃないかって。

 

実はそんなことはないです。

実証してみました。

 

うろこ部分を爪でごりごり剥がしてみます。

「ごりごりごり・・・」

 

ヘビ革強度実験

 

多少めくれますが、これ以上はまったくとれません。

うろこには向きがあるので、軽く毛羽立つことはあってもこんなもんです。

なので、ダイヤモンドパイソンは特に強いですが、

コブラや水ヘビなどワンポイントでおしゃれに使っていけたら

いいかな~なんて思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください